今のところはまだ元気で、自分のことは自分でできる両親ですが、
だんだん年をとって、いろいろと大変になってくるんだろうなぁと
感じる今日この頃なのですが、さて、この両親の面倒は誰がどうやって
見ていけば良いのだろうかと、途方に暮れそうになっています。
昔だったら、長男が後を継いで、親父さんは家督を息子に譲って、その嫁が
家の切り盛りをして、隠居した年寄りの面倒は長男夫妻がみるというのが
一般的だったと思います。もちろん、いま現在でもそういうお宅が
多いと思いますが、昔と違って両親が60歳を過ぎても、70歳を過ぎても
まだまだバリバリ現役で働いていて、元気にいろんなことができてしまう
世の中になりました。そうなると、結婚した長男夫婦も、初めから
同居するという選択をせずに、家を出て新婚生活をスタートさせるという
ケースも多くなっていると思います。
また、長男が先に結婚して、まだ兄弟が独身で家に残っていたりすると
ますます長男が先に家を出て、新しい場所に新居を構えてしまうという事態
になることも良くあることだと思います。
次男が後を継ぐとか、両親の面倒を見るというのもありだと思いますが、
女性が後に残った場合は、その女性が結婚した相手が「マスオさん」状態に
なって、そこの家を守ることになっていくのでしょうか?
それとも、老夫婦二人きりで、子供たちが巣立った後の実家を守っていくの
でしょうか?テレビなどでも、悠々自適に老夫妻が、田舎暮らしを満喫して
いたり、自給自足生活を楽しんでいるような番組をみることがありますが、
これからの「老後」は、自分たちのことは自分たちでというスタイルに
なっていくのでしょうかね?
いずれ介護が必要な事態になった時には、そういう施設に自分でお世話になりに
行くというのが、今どきのやり方になってきているのでしょうか?
そのあたりが、なんとも曖昧で、子供たちにも、親たちにも、いまいち
覚悟とか計画とかが無いまま、なんとなく時間だけが過ぎてしまっている感じが
して、そう遠くない将来がとっても不安で仕方がありません。
お金に余裕があれば、なんとでもなるのかもしれませんけど、そうは
いきませんからね…。心配だ。