年明けから世界各地でモーターショーが続々と開かれており、なにかと話題を集めていたりします。
自動車産業というのは、既に成熟しきっているような感じもするが、まだまだこの先の10年や20年で大きな動きがあるのかもしれません。
エコカーに始まった動力のイノベーションは、低燃費、それから電気や燃料電池へと舞台を変えています。
それから自動運転技術は自動車メーカーだけでなく、IT企業を巻き込んだ大きなうねりになるでしょう。
既にこうした動きは加速度を付け始めているように思うが、老舗のメジャーなメーカーでは、覇権を握るのか注目されています。
また、単なる製造業の枠を抜けつつある今、新興メーカーが、まったく新しい技術を携えて、一気に台頭してくる可能性というのもあります。
まあ、まだそんなことはちょっと先の話になりますが、こうしたモーターショーには国内のメーカーももちろん出店しています。
でも、最新の車種と言うのは、どちらかというと国内向けではなく、海外仕様車が多かったりするんですよね。
国内向けにしてほしいとは言いませんが、もっと海外専売車を輸入して販売してもいいのではないかと思ったりすることが多くあります。脱毛ラボ vio